薬剤師の転職時の求人

実際にCROで勤務している

薬剤師求人は多く出ている | 実際にCROで勤務している

そもそも、調剤薬局や病院での勤務経験を持つ人の場合は、CROでの採用に至るのかどうか不安を感じる人も多いと思うが、現実はコミュニケーション力があり、英語力も伴えば引く手あまたである。
臨床経験を持っていると、仕事にもすんなり入ることができ、実際にCROで勤務している今、カルテの閲覧の際には薬の名前で苦労している同僚に比べ、スムーズに仕事をすることができている。
しかし、英語力については私はTOEIC600点強であるが、大変である。
治験は国内治験、国際共同治験があるが、外資系CROの場合、受託している試験の大半が、国際共同治験のため、基本的に仕事中は半分ぐらいは英語を伴う仕事である。
英語アレルギーの人には正直厳しい面もあり、それゆえに待遇が良いにも関わらず、人が集まらないのが現実である。
また、外から医療機関に出向くとなると今までは違うことも多かった。
今までであれば、院内の薬剤医のお願いで、患者さんや医療機関のためになる事であれば、受け入れてくれてたDrも外部の機関からやってきた奴にはとんでもないわがままを言う先生も少なくないのが現実である。
この、ストレスに耐えられず辞める人も中にはいるようである。
面接で聞かれる内容はどこの会社もだいたい一緒だった。
なぜ、CRAになりたいのか。
前職で苦労したことは何か。
その苦労に対しどのように立ち向かったか。
出張が多いけど大丈夫か。
などなど、決まりきった質問ばかりで、特に変な質問をされることはなかった。
私は病院でのヒヤリハットの再発防止策を策定した時のエピソードを話した。
何か大きなことを成し遂げたということよりも、話し方や、雰囲気で選んでいる印象を受けた。
一方で、なぜうちの会社に入りたいのか。
という、新卒にありがちな質問はどこの会社もされなかった。
正直、聞くことに意味がないということに企業側の人事も気づいたのかもしれない。